セフレの作り方

潮吹きに惹かれる。
以前に付き合っていたカノジョはついに潮を吹くことはなかった。潮吹きとはAV文化が創り出したフィクションなのだろうかとさえ思った。
男の終着点は射精であるが、女のアクメはわかりにくい。僕もカノジョとは長かったが、彼女をイカせることができていたかは未だにわからない。そんな男性の悩みに提示されたのが、男の射精のように「ぷしゃああああああ!」と言う感じの潮吹きではないのだろうか。AVをセックスドラマとして考えた場合、潮吹きがフィニッシュになるとセックスの流れに起承転結は確かにつけやすい。
「え?潮吹きっておもらしジャネーノ?」と、セフレのアヤちゃんが言ってきた。「猫にマタタビやるとさ、気持ち良くなるのかおしっこ漏らすんだよね。それと同じようなモンかと思ってた。私もやってる最中にしたくなる時はあるし」と言うことだそうだ。さすがにベッドが洪水になるので普段は耐えていると言うことだ。
僕が出会い系サイトで募集したのは潮吹きを一緒に探求してくれる女性だ。一度、潮吹きがAV文化の作りモノではなく本当にあることを確認したかったのだ。セフレの作り方としてはアヤちゃんと条件が一致した。ただ、彼女は前述のように潮吹きをおしっこと勘違いしていた。セフレの作り方を考えると、男性ではなくて女性である自分の体の神秘に興味津々のアヤちゃんはベストパートナーと言えた。
セフレはPCMAXで作れます
僕の付け焼き刃の知識では、潮とおしっこは異なる。もちろん、AVで「ぷしゃああああああ!」と豪快にぶちまけるのはおしっこが混じっていると思うが、何らかの分泌物がおしっことは別に存在するらしい。
「ふーん、なるほど。じゃあおしっこしたくなったら言えばいい?」とアヤちゃんが言うので僕はお願いした。前戯をしつつ膀胱の裏を刺激するように意識する。AVのように激しくするのは、素人さんでは痛がるだけなのでご法度だ。ソフトにアヤちゃんを攻めていくと、やがてアヤちゃんはメス猫の顔になった。
「あ、何か来たかも・・・」と言うアヤちゃんの言葉に僕が指を抜いて彼女の股間を注視すると、次の瞬間「ぷしゃああああああ!」と豪快に潮が吹かれた。
「ごめーん。今日は我慢しなくてもいいと思ったからさ」。猫にマタタビ、女性に手マン。僕は塩っぽいおしっこまみれの顔をぬぐいながら、この中に1%でも潮が混じっているのかな、と思った。
テレフォンセックス
スカイプちゃんねる